名古屋市でおすすめの水漏れ修理業者

ユニットバスリフォームの注意点

リフォームをする人の多くがユニットバスを選択しています。住宅設備で一番最初に壊れる箇所であり、リラックスできる場所でもあるので工事をする人が多い理由なのです。初めて住宅設備の改修工事をするのであればわからない事も多いと思います。ユニットバスをリフォームする上で注意すべき事項を検討してみましょう。

1、手すりを設置する2、3枚引き戸にする3、温度差がでない構造にするそれぞれを詳しく考えていきます。1、手すりは若いうちは必要がないと感じるかもしれませんが、怪我をした場合や転倒しそうになった場合に使うことができます。また、後から取り付けることができないので将来介護が必要になった場合にも役に立ちます。2、折れ戸にすれば入り口に使う範囲が狭くなるので、浴室内を広く使うことができます。

しかし、将来車いすを使用することになった場合に車いすに乗ったまま浴室に入ることができない為、浴室内では乗り換えが必要になります。浴室に入る前に疲れてしまい湯船につかることができなくなってしまいます。3枚引き戸であれば車いすのまま入ることができます。ユニットバスのリフォーム時でなければ対応できないので3枚引き戸にすることをおすすめします。

3、洗い場と湯船内の温度差が大きいと心臓に負担をかけることになります。リラックスできる浴室が緊張してしまう場所と化してしまいます。身体の為にミストサウナ装置などを設置して温度が一定になるようにすると良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *