名古屋市でおすすめの水漏れ修理業者

名古屋の個人戸建てで水漏れトラブルが頻発する理由

キッチンや風呂場・洗面所など、一般家庭だけでも3箇所以上の場所に水栓器具が備わっています。どれも毎日数十回使用すうるうえに、家族全員が共有するので必然的にトラブルが起こりやすい特徴があります。蛇口のハンドルをしっかりと閉めているのに、水がずっと滴り落ちているという現象を経験されたことはありませんか。これは水漏れトラブルが発生している証であり、そのまま放置すると水道代が高くなるので早急に修理しないといけません。

水漏れは水回り設備トラブルの中でも非常に起こりやすいものですが、中部地方の大都市・名古屋では2000年から2005年に掛けて年間約580万件もの個人戸建住宅で、水漏れトラブルが発生していたことが市の上下水道局の報告書で明らかにされてます。名古屋で水漏れが数多く発生している原因として挙げられることは、浄水場から各家庭に配水される際の水圧が240hpと非常に高いことに起因してます。これは他の地域で実施されている降水型配水ではなく、高圧型配水という形式を名古屋では採用しているためです。マンション等であれば一度最上階に設置あえている給水タンク内に水が蓄えられるので、各家庭の水栓器具に高い水圧の水が流れ込むことはありません。

ところが個人戸建ての場合は水道管から各家庭のダイレクトで水が流れ込むので、高い水圧を受けた水栓器具から水漏れが起こるというわけです。名古屋では2006年以降、配水時の水圧を160hpまで減圧してトラブルが起き難い環境を整備されました。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *