名古屋市でおすすめの水漏れ修理業者

トイレの水漏れトラブルを自分で修理するには

トイレの水漏れトラブル修理は自分で行えるケースもあります。

給水管などパイプ類から水漏れトラブルは、パッキンを交換する修理で直るケースも多いようです。給水管はトイレの壁面から出てトイレタンクにつながる管のことで、経年劣化によってパッキンが劣化し水が漏れ出てしまうことがあります。パッキンを交換するだけであれば、素人でも比較的、簡単に直すことができるようです。

トイレの水漏れトラブルを修理する場合、まず止水栓を閉めましょう。もし、止水栓が分からないという場合は水道の元栓を閉めます。元栓を閉めてしまうと家全体の水道が使えなくなってしまうので、家族があまり家にいない時間帯に行うのがおすすめです。止水栓や元栓を閉めて一旦、水の流れをストップしたらモンキーレンチを使って接続部のナットを緩めます。ナットを緩める場合は、左回しにします。

トイレのタンク内にはボールタップという部品が入っているのですが、ナットを緩める時にこのボールタップが動いてしまうことがあるようです。緩める際はボールタップが動かないよう、手で支えておくと良いでしょう。ナットを緩ませ古いパッキンを新しいものへと交換します。パッキンの大きさは種類があるので、ホームセンターに実物を持って行って探してみるのもおすすめです。新しいパッキンをつけたらナットを締めなおします。ナットが緩んでいることも水が漏れる原因となるので、しっかりと締めておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *