名古屋市でおすすめの水漏れ修理業者

トイレの水漏れの種類と修理のポイント

トイレの水漏れといっても、そのトラブル内容はさまざまなものがあるので、その内容によって修理方法は異なります。

まずトイレのどこで水漏れしているかを確認するのがいいでしょう。トイレの給水管付近部分で水漏れが起きている場合は、ナット部分に取り付けているパッキンが原因で水が漏れている可能性が高いです。10年以上使用しているのであれば、パッキンの劣化やナットの緩みが原因である場合がおおいので、そこを修理するのがポイントになります。

トイレの止水栓からの水漏れもパッキンが摩擦で擦れ合い、劣化することによって正常な働きをしなくなってしまう場合に起こりやすいです。止水栓から水が漏れてしまうと、締めることができないので修理ができないのではと考えてしまう方も多いかもしれませんが、そのような場合は家全体の元栓を閉めれば大丈夫です。タンクのフタから水が漏れている場合は、タンクとタンクの蓋の間から水が漏れている可能性があります。

そのようなケースではオーバーフロー管に異常がある場合が多いので、水漏れ専用の修理会社に依頼するのがいいでしょう。自分で修理したいと考えているのであれば、工具を揃えるところから始めなければなりません。必要な工具は、止水栓を閉めるのに必要なマイナスドライバー、ナットを緩めたり締めたりするのに必要なモンキーレンチ、バケツやタオルなどです。バケツは作業中に水が漏れるのを防ぐために必要で、タオルが床を拭くのに役立ちます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *